FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス ポール・マッカートニー

I've Just Seen A Face(夢の人)

投稿日:


ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのB面5曲目に収録されたのが、I've Just Seen A Face(邦題:夢の人)。
お馴染み、レノン=マッカートニーの作品ですが、実質的にはポールのものだとされています。

カントリー調のナンバーであり、アコースティック・ギターが重なる感触が、実に心地よいですね。
つい口ずさみたくもなるというもの。

恋に墜ちてゆく・・・。
そんな感情を表していますが、ギターのコード展開が、実に歌詞にフィットしていると感じます。

ポール自身、おそらくお気に入りのナンバーのひとつだろうと思うのは、よくライブでも披露されるからです。
私としては、よく出来た作品だと思っています。

私が、ヘルプ!アルバムを買ったのは中学校に入学する頃でしたが、その時期でもこのナンバーは大好きで、よーく歌っていたものでした。
何年経っても色褪せない。
その部分において、このナンバーも例外ではありません。

広告

-ソングス, ポール・マッカートニー
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.