FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アルバム ビートルズと物語 ポール・マッカートニー リンゴ・スター

ポール・マッカートニーのアルバムにリンゴ・スターが参加するに申し出た条件とは

投稿日:

114751283
ポール・マッカートニーの作品には、数多くの名盤、名曲がありますが、私が個人的に気に入っているアルバムがあります。

それは、1984年に発表された「GIVE MY REGARDS TO BROAD STREET(邦題:ヤァ!ブロード・ストリート)。

サントラ盤という位置づけですが、なぜか私、このアルバムを聴いていると、妙に癒やされるのです。

このアルバムでは、ポールのソロ時代、ウィングス時代、そして何と言ってもビートルズ時代のセルフカバーがふんだんに盛り込まれており、懐かしさと新鮮さの双方を味わうことができます。

参加ミュージシャンも実に豪華な顔ぶれで、たとえばピンク・フロイドのデビッド・ギルモア(ギター)、レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、TOTOのスティーブ・ルカサー(ギター)などが参加しています。

さらに、とびっきりのゲストは、誰あろうリンゴ・スター!

ここに一つの逸話があります。
ポールがリンゴへ参加を打診した際、リンゴは引き受けるにあたり、ひとつだけ条件を出したそうです。

その条件とは、「ビートルズのナンバーは叩かない」というもの。

ポールも、その条件をのんだがゆえに、二人のビートル共演が実現したわけですが、面白いことに、PVでは、ビートルズナンバーをしんみりポールが歌っている際、手持ち無沙汰にしているリンゴの様子が盛り込まれています。

いやいや、リンゴのエンターテイナーぶりが見事過ぎます(*^。^*)
さらに、参加しないというリンゴの意向を尊重しつつも、それをユーモアに代えてしまうポールの才。

RingoPaulMcCartneyPA030211.article_x4

ビートルズのバラード・メドレーが終わると、しっかりドラムセットに座るリンゴの姿が、とても微笑ましいですね。

ジョンが天国に召され、ジョージもこの世を去った今、ポールとリンゴには、いつまでも元気でいてほしいものです。

ステキなナンバー、極上の演奏の中に、皮肉とユーモアを名作に昇華してしまう2人の姿にうっとりです。

広告

-アルバム, ビートルズと物語, ポール・マッカートニー, リンゴ・スター
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.