FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

Apple All Stars John Lennon 追悼イベント Thank You,John!

投稿日:



Apple All Stars 

この季節がやって来ると、毎年のように、私は言葉に表せない思いに包まれます。

既に書かせていただいたとおり、12月8日はジョンが天に召された日。

そんな折り、よくおじゃまさせていただいている浅草はLive In Appleさんで、ジョン・レノンの追悼イベントが催されました。

昨日、12月7日のこと。

まずもって、Apple All Starsの皆さんに、ありがとう!と、言いたいと思います。

今回のステージは2部構成で、第1部は、いわゆる通常どおりビートルズのカバーによるもの。

セカンドステージは、ジョンがソロ時代に発表したナンバーのオン・パレードでした。

Apple All Starsは、基本的に4人構成となっていますが、今回は、キーボードとしてナカノサキさんが参加。

さらに、彩りを加えてくれました。

まず、昨日ステージを届けてくれたApple All Starsのライン・アップ!メンバー達をご紹介したいと思います。

■手島正揮さん(ベース&ボーカル)

■金澤沙織さん(ドラム&ボーカル)

■柿嶋潤さん(ギター&ボーカル:ジョンパート)

■高野健人さん(ギター&ボーカル:ジョージパート)

■ナカノサキさん(キーボード&ボーカル)

前述したとおり、今回のステージでは、ナカノサキさんが加わっていらっしゃいましたので、中期、後期のナンバーも多く演奏されました。

ナカノサキさんは、多才な方だとつくづく思ったし、時折ジャズの香りも漂わせるプレイぶりは、見聞きする人々を飽きさせることがありません。

ジョン・レノンのコーナーでも、非常に生きていたと実感しました。

また、『サオリンゴスター』と、自ら名乗りつつも、実は金澤沙織さんが、ジョンの大ファンだということを私は知っておりましたので、いつにも増して目の輝きが違っていたように感じたし、追悼とはいいながら、幸福感漂うプレイを見せてくれました。

これも、ジョン・ラブの気持ちが本当に強いからでありましょう。



バンドの中心メンバーであるポールパートの手島正揮さんは、さすがの貫禄であり、この日ばかりは!と、普段とは異なるジャズベースを使用されていたのも印象的でした。

さらに、ジョン役として熱演を繰り広げた柿嶋潤さん。

ほとばしる汗と共にギターに心を込めた高野健人さんと。

皆さんに、改めて拍手を送りたいと思います。

こうして、ビートルズを、ジョン・レノンを愛する人達とひとときを共にできた。

私にとって、非常の歓びでありました。

出会いをくれたジョンに感謝ですね。

ありがとう!

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.