You Like Me Too Much(ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ)

ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのB面3曲目に収録されたのが、You Like Me Too Much(ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ)。
このナンバーは、ジョージ・ハリスンの作品ですね。
エレクトリック・ピアノの味わいを上手く活かした作品だと思います。

ヘルプ!アルバムに収録されているナンバーは、どれもつい口ずさみたくなる私ですが、ジョージのこの作品も同様です。
中学生の頃、よく歌っていたことが思い出されます。

ギターのソロも入っていますが、それは可愛い感じのフレーズを弾いており、やはりこのナンバーの色合いを濃くしているのは、エレクトリック・ピアノだと思います。

ハーモニーもいい感じだし、自分で演奏し、歌ったならば気持ちが良さそうですね。

ビートルズといえば、やはりレノン=マッカートニー作のナンバーが中心に位置しますが、やがてジョージとしても決められた枠では満足できなくなっていったのかもしれません。

いずれにしても、ひとつ言えることは、このヘルプ!に収録されたナンバー達は、どれも聴いていて、口ずさんでみて、気持ちがいいということ。

このジョージのナンバーも例外ではありません。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]