FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

1970年にしてピンク・フロイドが世に出した異色のアルバム Atom Heart Mother(原子心母)

投稿日:

今回は、ピンク・フロイドのことを書いてみたいと思います。

多くの傑作を生み出したピンク・フロイドですが、ここでは1970年に発表されたアルバム、『Atom Heart Mother』(邦題:原子心母)を取り上げてみたいと。

とにかく、1970年という時期にあって、こういったアルバムを制作すること自体、極めて画期的なことだったと、私は思っています。

まず、A面については、アルバムのタイトル曲がひとつ入っているだけ。

まさに、超大作といった感があります。

A面とは、まったく異なるコンセプトでまとめてきたB面には、メンバーそれぞれの作品が詰まっており、こちらは、どちらかといえば、ピンク・フロイドの作品群にあっては、小品と言えるかもしれません。

ただ、私としては、勿論A面は大好きなものの、あまり話題にならないB面も、かなり好きであります。

それぞれのメンバーの個性が表れているし、ニュートラルな立ち位置で聴けば、名曲と呼べるものばかり。

そのB面の中でも、特に私のお気に入りなのは、デヴィッド・ギルモアの作品である『Fat Old Sun』。

後年になってもギルモアは、このナンバーをライブで演奏しており、きっとお気に入りのひとつなのだろうと推察します。

また、このアルバムに、よりインパクトを加えているのは、あまりにも大胆なレコードジャケットですね。

これは、かの有名なヒプノシスによるもの。

さらに、プロデュースは、あのアラン・パーソンズが手がけています。

アラン・パーソンズといえば、ビートルズのホワイト・アルバムなどでも仕事をした人物です。

このアルバムですが、私は別の意味でも忘れ難い思い出があります。

高校2年生のとき、お小遣いを貯めては、毎月一枚レコードを買うことが楽しみだった自分。

ある日は、思い切って2枚のLPを購入しました。

それが、この原子心母とキング・クリムゾンの太陽と戦慄。

高校生にしては、重たいアルバムを聴きまくっていたわけです。

歓びいさんで、レコードに針を落とす自分。

翌、早朝のこと、躯に異変を感じます。

苦しさがマックスに至り、早朝から病院へ行き、そのまま入院・・・。

そんな思い出もあります。

入院してからも、体調は悪化するばかりで、食をとることも難しくなり、牛乳を飲めるようになったのは、かなりの月日が経ってからでした。

それでも、私はこのアルバムにネガティブなイメージを抱いていません。

名盤は名盤。

そう思うのです。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.