FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

少年時代に口ずさんでいた曲 You're Going to Lose That Girl(恋のアドバイス)

投稿日:

ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのA面6曲目に収録されたのが、You're Going to Lose That Girl (邦題:恋のアドバイス)ですね。
私は、このアルバム自体が大好きなのですが、中でもよく歌った、口ずさんだといえば、おそらくこのナンバーだったと思います。

初めてこのナンバーを耳にしたとき、とにかくジョンのボーカルが格好いい!と思ったし、どうもついつい歌いたくなる曲調でもあります。

また、ポールとジョージによるコーラスセクションも非常に効いているナンバーではないでしょうか。

このナンバーは、レノン=マッカートニー作品のひとつですが、実質的にはジョンのものだとされています。

私が初めて買ったビートルズのアルバムがヘルプ!であり、それはもうレコードがすり減るほどに、何度も聞き返したものです。
中学生時代は、歌詞なども、すらりすらりと頭に入ってくるものですから、おそらく全部の曲を歌えていたと思います。

その中でも、とりわけYou're Going to Lose That Girlは、お気に入りだったわけで。
当時、ジョンがこのナンバーでやっているように、力強いファルセットというものを私は聴いたことがありませんでした。

ある意味、衝撃的だった。

ヘルプ!といえば、当時の私としては、「イエスタデーが入っているアルバム」という程度の知識だったのですが、いざレコードを購入してみて、もうはまりましたね。

本当に良い思い出であり、おそらく生涯忘れない感覚だと確信しています。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.