FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

凍える夜のポール・サイモン American Tune

投稿日:

Paul Simon

底冷えする日となりました。
年末ということもあり、心なしか物寂しい感もいたします。
こんな夜には、ポール・サイモンの調べが、私にとっての癒やしです。
ここ数日は、夜眠るときに毎晩聴いております。

ポール・サイモンあるいはサイモン&ガーファンクルに関しては、大好きなナンバーが沢山あります。
どれが一番というチョイスが難しいほどに。

そんな中、寒い夜に私が好んで聴いているのはAmerican Tuneです。
文句なしの名曲かと。

このナンバーは、ポール・サイモンのソロとしての作品ですが、静かな調べの中に、生きる力を与えてくれるものが潜んでいます。

大丈夫、ぼくは大丈夫だよ。
そんな声が聞こえてきます。

ポール・サイモンのソロも当然素晴らしいのですが、後年サイモン&ガーファンクルとしてプレイしたテイクもいいですね。
ポール・サイモンのナンバーなのに、なぜかサイモン&ガーファンクルのものになってしまう。

この二人の歌声とは、天が与えたミックスのようにさえ感じることがあります。
幾多の名曲を生み出した彼等。

ご紹介したいナンバーは沢山あります。
ただ、こんな凍えるような夜には、このAmerican Tuneで。

何かしら、自分の心が洗われ、優しくなっていくように思えてきます。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.