FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

マルチな才能を持ちつつ確固たる実力派 スティーヴ・ウィンウッド

投稿日:

Steve Winwood

世の中には、才能豊かであふれんばかりの人というものがいるものです。
今回取り上げてみたいスティーヴ・ウィンウッドも、まさにそんな人。
どんな楽器でもハイレベルでこなしつつ、それでいてしっかりとした自分の世界を持っている。
素晴らしいアーティストだと思います。

スティーヴ・ウィンウッドは、1948年5月12日生まれ。
イギリスはバーミンガム出身です。

今もなお第一線で活躍をしており、そのキャリアは長いことから、数多くの名作、名演を世に送り出してきました。

ソロ活動も長い人ですが、所属していたバンドですと、特に有名なのは、トラフィックやブラインド・フェイスだと言っていいでしょう。

私は、武道館でたまたま良い席が取れたとき、その位置が、ちょうど スティーヴ・ウィンウッド がオルガンを弾くポジションの目の前でした。
実に、得をした気分になりました。

一般的には、キーボーダーにしてシンガーということで紹介されると思うのですが、ギターも弾ければ、ベースやドラムの腕前も素晴らしい。
自分一人で、すべて録音してしまったアルバムもあるほどです。

いろいろご紹介したい曲はあるのですが、今回は、ちょっと落ち着く感じで。
私自身、とても気に入っているフィルムです。

ブラインド・フェイス時代の名曲Can't Find My Way Homeを弾き語っているもの。
時折入る、暖炉の薪がはじける音が、また絶妙にいい感じですね。

ハイトーンのボーカリストとして、歌だけでも高い評価を得ている人ですが、何をやらせても超一流。

神は、二物も三物も与え賜うたようです。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.