ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの姉妹曲 ジョージ・ハリスンの渾身

extratexture
ビートルズの数ある名盤の中で、一際異彩を放っているアルバムといえば、いわゆる「ホワイト・アルバム」をあげることが出来ると思います。

4人の個性、コントラストが際立った2枚組でしたね。

このホワイト・アルバムには、実に数多くの名曲が収録されていますが、ビートルズの歴史のひとつと言っていいのは、かのエリック・クラプトンがギタリストとして参加していることだと思います。

当時のエリック・クラプトンは、「Clapton is God!」と称されるほどの存在でした。
(本人は、そう呼ばれることを嫌っていましたが。)

続きを読む →