FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

ジンジャー・ベイカーを偲んで スーパー・ドラマーに憧れた日々

投稿日:

CREAM


今日も一日が終わろうとしています。
夜が訪れ、今私は、あるドラマーのことを思い出しています。
ジンジャー・ベイカー。
スーパー・ドラマーとも呼ばれ、ロック史に偉大な足跡を残した人。

2019年10月6日のこと、その悲報は届きました。
ジンジャー・ベイカーは、闘病の末、80歳で生涯を閉じました。

第一報を受けたとき、何か言葉で表現が出来ない思いに私は包まれました。
個人的に、とても思い入れのあったプレイヤーの一人であったからです。

ジンジャー・ベイカーといえば、やはりクリームのことに触れないわけにはいきません。
まだ、ビートルズが現役だった1960年代、当時としては革命的なサウンドを発し、大音量でステージを展開した彼等。
わずか2年ほどでバンドは消滅しますが、その歳月はあまりに濃厚で、おそらく永遠に語り継がれる3人組だと言っていいでしょう。

クリームとは、言うまでもなく、エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、そしてジンジャー・ベイカーによる3人組バンド。
今風にいえば、スリーピースということになります。

それぞれのパートにおいて、卓越した技術を最大限に駆使し、ギター、ベース、ドラムいずれのパートでも奏法として斬新だった。
後年、彼等のプレイは、多くの人々へ影響を与えていきます。

ジャック・ブルースが天に召され、ジンジャー・ベイカーもまた。
その分、エリック・クラプトンには長生きをしてほしいと、心から願います。

私が、クリームと出会ったのは、中学生になりたての頃でした。
いきなり耳に飛び込んで来たサウンドには、それまで聴いたことのない世界があり、身震いをするほどだったことが思い出されます。

以来、私はクリームの3人を楽器演奏の師匠としてきたのです。
多くの音楽に耳を傾け、幾多の名演を目にして来ましたが、演奏という意味で、最も影響を受けたのはクリームだった。
それもあって、彼等にはいつまでも元気でいてほしい!という気持ちが強かったのは事実です。
どうか安らかに。
彼が残した仕事達は、永遠に語り継がれることでしょう。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-, ,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.