FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョージ・ハリスン ビートルズと物語 楽器・機材

エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの間を行き来したレスポール 『ルーシー』

投稿日:

20141020171251
ホワイト・アルバムにおいて、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの収録にあたり、ジョージ・ハリスンが、エリック・クラプトンを招いたという話は、これまでにも触れてきましたが、その際に、エリック・クラプトンが使用したギターには、物語が潜んでいます。

一般的に『ルーシー』と呼ばれているレスポール。
エリック・クラプトンに弾いてもらうために、ジョージ・ハリスンが用意しておいたもので、このルーシーによって、あの泣きのギターが演奏されることになります。

この一本のギターが、運命に導かれるように、エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの間を行き来することになるのです。

元々、このレスポールは、エリック・クラプトンが入手したもので、友情の証といった意味もあったのでしょう、ジョージ・ハリスンにプレゼントされたものです。

ボディが赤く塗装されていたことから、ジョージ・ハリスンが、ルーシーという愛称を付けたもの。
(※ルーシーとは、赤毛のコメディアン)

ホワイト・アルバム制作中に、ジョージ・ハリスンは、再びエリック・クラプトンにルーシーを弾いてもらうことにしたというものです。

さらに、このルーシーは、2人にとっての節目にも登場してきます。

まずは、映画『レット・イット・ビー』中で、ジョージ・ハリスンが使用しているのが、このルーシー。

さらに、心身共にボロボロになり、周囲の友人達の助けにより、エリック・クラプトンがどん底から再起を図ったことで有名な『レインボー・コンサート』の際には、再び、エリック・クラプトンが、このギターを使用しています。

このルーシーですが、ギター・マニアの間では、伝説の一機ともいえるもので、実はギブソン社が、2013年に、世界限定100本でレプリカ・モデルを制作しています。

GEC_headura-thumb-250x375-3140

この復元作業で、大きな成果があったことは、従来『謎』とされてきた、このレスポールが、何年型モデルであるか!?をギブソン社が英知を結集して、結論づけたこと。

答えから書くと、57年型ゴールドトップのレスポールだったそうです。

復刻モデルでは、2人の間を行き来したルーシーの細かい傷までも再現。
エリック・クラプトン本人に弾いてもらったところ、大満足だったとか。

20130204-clapton-306x306-1360016965

実は私、エリック・クラプトンが、1曲だけルーシーに持ち替えて、演奏したシーンを生で見ることができました。
いや--!今、思い出しても、本当に貴重な経験をすることができました。

アーティストに物語りがあるように、ギターにも、その一本、一本に小説より奇なる背景があるのですね。

広告

-ジョージ・ハリスン, ビートルズと物語, 楽器・機材
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.