幾多のアーティストにカバーされた不朽の名曲 Little Wing(リトル・ウィング)

Jimi Hendrix

オリジナルとは異なる味わい。
カバーには、カバーの魅力があると、私は思っています。
誰かからカバーをされるということ自体、名曲である由縁に思えますが、実に多くのアーティストからカバーをされている名曲といえば、私がすぐに思い浮かべるのは、ジミ・ヘンドリックのリトル・ウィングです。
続きを読む →

Happy Birtyday,Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)

Jimi Hendrix

ロック史に残る偉大なるギタリスト達。
その中にあっても、特別な位置づけにあるのが、ジミ・ヘンドリックスだと思います。
そのプレイ、そのサウンド、あるいは存在自体が不朽であり、色褪せることはありません。
今日、11月27日は、ジミ・ヘンドリックスのバースデー。
続きを読む →

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)と文化祭

Jimi Hendrix

私が高校生だった頃、結構なバンドブームみたいなものがありまして、文化祭では多くの出演希望者がいたものでした。
非常に大雑把に分けてみるならば、アコギを持ってフォークへ行く者とエレキを使用してロックへ走るタイプがいましたね。
今回は、ロック系のバンド、その文化祭のことを思い出してみようと。
キーワードは「紫」です。
続きを読む →

RIP Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックスが天に召された日

Jimi Hendrix

今日、9月18日は、ジミ・ヘンドリックスが天に召された日にあたります。
1970年のことでした。
ジミ・ヘンドリックスが、ギタリスト、アーティストとして活躍した歳月は、短かったと言えるかもしれません。
しかし、後世へと与えた影響を考えたとき、時間だけでは語れない存在だとおもうのです。
続きを読む →

ビートルズの外に生まれ始めた新しい息吹

orig
ビートルズが、音楽界に与えた影響は、「多大」という言葉では表現し難いものがあると思います。

明らかにビートルズの登場により、音楽シーンは、大きな変化を遂げ、後世においても、その種子は増え続けるばかり。

さて、今回は、ちょっと視点を逆さまにして、では、ビートルズに影響を与えた後発組はいないのか?という点について、少し書いてみたいと思います。
続きを読む →

ジミ・ヘンドリックスとサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

pc-page
ビートルズといえば、まさにきら星の如く・・・という表現では足りないほどの名曲達を生み出しました。

あれだけの楽曲数をつくって、そのいずれにも、それぞれの物語やメロディーラインが宿っているというのは、もう普通じゃない!と実感します。

そんな沢山の名曲を世に出したビートルズだけに、いろいろなアーティストが、カバーもしていますね。

続きを読む →