ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの共作 バッジ(Badge)

george-harrison-and-eric-clapton
ジョージ・ハリスンといえば、これからも私は、エリック・クラプトンとの友情に関して、綴ってゆくことになりそうです。

二人の間には、普通では理解できないほどの強い絆があった。

さて、ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンといえば、ホワイト・アルバムにおいて、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの録音にクラプトンがギタリストで参加したことが有名ですが、その他にも、多々ライブ等々では、クラプトンがジョージのナンバーを演奏するシーンはありました。

そんな二人には、共作したナンバーが存在します。
続きを読む →

スティーヴィー・レイ・ヴォーンとタックスマン(リボルバー)

revolver_beatles
タックスマンは、ジョージ・ハリスンによるナンバーで、あのアルバム・リボルバーに収録されたものです。

ジョージ作品の中にあっても、傑作と呼んでいい1曲だと、私は思っています。
また、このタックスマンが貴重なのは、ビートルズのアルバム、その冒頭を飾ったものであること。

ビートルズのアルバムで、ジョージの作品が1曲目に取り上げられたことは、画期的だったのではないでしょうか。

今回は、そのタックスマンについて、ちょっと雑感を書いてみたいと思います。
続きを読む →

RIP Jack Bruce ジョージ・ハリスンとも交流のあった天才ベーシスト

Farewell Cream
ジョージ・ハリスンといえば、エリック・クラプトンとの友情が、あまりにも有名ですが、そのクラプトンと共にクリームに在籍していたのがジャック・ブルース。

元来、チェロを専門にしていたジャック・ブルースは、クラシックの素養を磨きつつも、ベースプレイに独自の奏法を生み出し、ロック史に偉大な足跡を残すこととなります。

また、ベースを弾きながらのかみつくようなボーカルは、ものすごいインパクトを世界中に与えました。

続きを読む →

ビートルズとスカウス

georgelarge
日本にも各地に、それぞれの言葉がありますが、イギリスでは、リバプールの人々が話す言葉を「スカウス」と呼んでいます。

いわゆる「リバプールなまり」というやつですね。

その言葉を話す人々、生粋のリバプールっ子を「スカウサー」と言っています。

一般的には、ビートルズの中で、最もスカウサーの味わいが残っていたのは、ジョージ・ハリスンだとされているようです。
続きを読む →

賛否両論あったジョン・レノンのマインド・ゲームス

51RRbuxjLoL
1973年に発表されたジョン・レノンのアルバム「マインド・ゲームス:Mind Games」に関しては、その評価がかなり分かれていたようです。

ジョンの近くにいた人々の中でも、好き嫌いが割れているようで、あくまで世間の評判という点では、傑作!とは言われていない作品かと思います。

しかし、このアルバムに否定的な人々も、単体の作品としては優れたものがある・・・ということは認めています。

印象的なものは、やはりアルバムのタイトルにもなった冒頭の1曲、マインドゲームスでしょうか。
続きを読む →

ビートルズの赤盤と青盤そしてリバプール

img_0000
ビートルズのベストアルバム、一般的には、「赤盤」、「青盤」と呼ばれているものがありますね。

このふたつの作品は、単なるベスト・アルバムというだけでは勿体ないようなものであり、曲のセレクトもお洒落だと思います。

さて、この赤と青・・・。
ちょっとした意味があることをご存知でしょうか?

ビートルズ出身の地、リバプールを考えたとき、その答えが見えて来るように、私は思っています。
続きを読む →

ビートルズの外に生まれ始めた新しい息吹

orig
ビートルズが、音楽界に与えた影響は、「多大」という言葉では表現し難いものがあると思います。

明らかにビートルズの登場により、音楽シーンは、大きな変化を遂げ、後世においても、その種子は増え続けるばかり。

さて、今回は、ちょっと視点を逆さまにして、では、ビートルズに影響を与えた後発組はいないのか?という点について、少し書いてみたいと思います。
続きを読む →

牧歌的世界と孤独感 マザー・ネイチャーズ・サン

The Beatles
ホワイトアルバムの収録曲である「マザー・ネイチャーズ・サン:Mother Nature’s Son」は、実にポールらしい曲想だと思います。

牧歌的な風景が、自然に浮かんでくるような世界観。

サウンド面でも、歌詞の内容的にも、ポールのオリジナリティーがあふれる作品ではないでしょうか。

静かな曲ではありますが、何と申しますか、人々の潜在意識を刺激する不思議なパワーをも持っている作品だと感じます。
続きを読む →