隠れた名盤 デヴィッド・ギルモアのソロアルバム

もしかしたら、私の青春時代は、ピンク・フロイドと共に過ぎて行ったような気がしています。
もちろん、ビートルズがロックの入り口へと立たせてくれたし、今でも大好きですが、リアルで共に時間を送ったという意味では、ピンク・フロイドは特別な存在かなと思えるのです。
そのピンク・フロイドが、世界的な大成功をおさめるには、シド・バレットの後任としてバンドに加わったデヴィッド・ギルモアの存在が大きかったことは事実だと思います。

続きを読む →