あまりにも思い出深いアルバム Help! The Beatles


ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
日本では、『4人はアイドル』と呼ばれることも多い作品かと思います。
イギリスでのオリジナルリリースは、1965年8月6日のことでした。

また、サウンドトラックとしては、ビートルズにとって2作目となり、このアルバムを聴くと、映像が浮かんでくる!という方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人的なことですが、私にとってこのアルバムは、特別な意味を持っています。
幼少期からクラシックばかりを聴いていた自分。

ビートルズに興味をもちはじめ、初めてクラシック以外のレコードを買ったのが、このヘルプ!でした。

この出会いがなかったら、間違いなく自分の青春あるいは人生は変わっていたことでしょう。

当時は、今のようにインターネットも使えないし、とにかく情報が少ない。
子どもにとっては、雑誌さえ買うことは出来ませんでした。

ゆえに、ヘルプ!を聴いて、いいな!と、思っても、どの顔が誰なのか?が、分からず・・・。

私は、何度も聞き返しては、「自分はジョンが好きだな!」と、当時思ったものでした。
アルバムの内ジャケットに使われている写真を見て、「この一番格好いい人がジョンだな!」と独りよがり。

後日、知ることになるのですが、それはジョージ・ハリソンだったという何とも笑ってしまうような思い出もあり。

とにかく、このヘルプ!というアルバムは、自分にとって記念碑的な存在であり、理屈でどうの・・・ということを超越してしまっています。

なので、評論家のように寸評する気持ちにはなれません。

とにかく、自分の人生において大切な一枚。
それが、ビートルズのヘルプ!なのです。

おそらく、初めての不良体験とも言っていいし、この出来事は消えることなどなく、これからも我が体内で息づいてゆくことでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]