ジョージ・ハリスンが送り出した珠玉の作品 Something(サムシング)


久しぶりに、ジョージ・ハリスンのことを書いてみたいと思います。
ビートルズといえば、まずジョン・レノンとポール・マッカートニーがいて!と考えられるのが一般的だと思いますが、ジョージ・ハリスンの根強いファンも多いですね。
勿論、リンゴ・スターにも大ファンは沢山います。
そのジョージの代表作といえば、やはりSomething(サムシング)は、外せないだろうと思うわけです。

ジョージのギター、ボーカルが、いずれも秀逸で、コード進行も実にジョージらしい。
歌い出し部分から、続けて出て来るC系のコード達。
この味わいが、何とも言えません。

また、あまり語られないと思うのですが、サムシングを聴いていると、リズム隊のがんばりが、実に印象的です。
ポールが奏でるベースは運動性に満ちており、リンゴのドラムは、まるで歌っているかのよう。

楽曲の良さだけではなく、演奏面でも秀でた作品だと、私は思っています。

中学生時代、サムシングを人前で演奏する機会があったのですが、ベースを担当する人がいなくて、私がベースを弾いた経験があります。
その際、随分と動くベースラインだな!と、感じたものでした。

今となっては、どれもみな良い思い出です。

ジョージが世に送り出した名曲は沢山あります。
その中で、やはりサムシングは特別なナンバーのひとつだと思うのです。

偶然、ジョージのインタビュー番組をラジオで聞いた経験があるのですが、この曲は誰のことを思ってつくった?というような趣旨の質問に対し、ジョージは「多分・パティ」と言っていたことが、今でも忘れられません。
ちょっとはにかんだ感じだったので、尚更印象に残っています。

時代を経ても、いつ聴いても飽きることのない名曲ですね。

ジョージが世に送り出した珠玉の作品だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]