FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

思い出が沢山つまったナンバー You've Got To Hide Your Love Away(悲しみはぶっとばせ)

投稿日:

ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのA面3曲目に収録されたのが、You've Got To Hide Your Love Away、邦題としては、悲しみはぶっとばせですね。

私、このナンバーには、とても思い出深いもの、感慨を抱いております。

このナンバーは、アコースティックギターが印象的に使用されており、ちょっと気だるい感じを醸し出しているジョンのボーカルもいいですね。

ビートルズのメンバーは、ボブ・ディランの影響を多少なりと受けていた時代があると言われておりますが、このナンバーについては、ジョン自身が、ボブ・ディランの影響を受けてつくった作品だと明かしています。

幼い頃、ピアノを習っていた私ですが、ビートルズとの出会いと前後して、ギターも弾くようになっていました。

ギターをおぼえたての頃、数曲のカバーに挑戦したりもしていたのですが、このナンバーが、そのひとつでした。

ギターを弾きながら歌う。

そのスタイルにも、とてもフィットするナンバーだと思います。

少年時代に、ギターを学びながら、同時に歌うことを身につけていた日々。

そういった懐かしい思い出のナンバーを今になっても、時々演っている。

それはそれで、自分の中で面白いものだ!とも思っています。

こうして考えてみると、ビートルズのナンバー、一つひとつに、それぞれの思い出が宿っているのですね。

懐かしくもあり、常に身近にあるようでもあり。

私の中で、大切な位置を占める作品だと言えます。

広告

-ジョン・レノン, ソングス

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.