キング・クリムゾンとリズム・セクション


ビートルズが、その活動に終止符を打とうとする時、まるで入れ替わるかのようにイギリスのロックシーンに登場してきたキング・クリムゾン。
一言でいえば、衝撃でした。
従来の音楽概念をくつがえすかのような作品づくりにして、そのプレイスタイルは、度肝を抜くものだと思います。
続きを読む →

アビーロードをヒットチャート1位から蹴落としたと伝えられる畏るべきデビュー・アルバム In The Court Of The Crimson King

in_the_court_of_the_crimson_king_-_40th_anniversary_box_set_-_front_cover
プログレッシブロックと呼ばれるジャンルにおいて不動の地位を築いてきた代表格といえば、まずピンク・フロイドの名前があげられるかと思います。
ピンク・フロイドは、60年代中期には既に活動をはじめており、そういった意味ではビートルズの現役時代と被っているということになります。
ビートルズと距離が近かった人々の証言によれば、特にジョン・レノンは、ピンク・フロイドのサウンドにも影響を受けた部分があるようです。
続きを読む →

Happy Birthday,Bill Bruford

13226813_1253641344647851_5127666396799870529_n
ビートルズファンの皆さんの中にも、キング・クリムゾンやイエスなどに興味を持たれた方々が多いことと思います。
メンバーの世代的にも近いし、何かとビートルズにまつわる話もあります。

キング・クリムゾンとイエス。
その両方のバンドにメンバーとして在籍していたのが、ドラマーのビル・ブラフォードです。

今日、5月17日は、そのビル・ブラフォードの誕生日。
1949年生まれですので、67歳になったのですね。

おめでとうビル!
続きを読む →