ジェフ・ベックとシーズ・ア・ウーマン(She’s A Woman)

Jeff Beck

仕事をしながら音楽を流すことが習慣になっています。
今朝は、何となくジェフ・ベックのサウンドが聴きたくなり、ふと高校生時代のことなどを思い出しておりました。
幾多の名ギタリストが存在しますが、ジェフ・ベックという人は、本当にギターの虫なのだな!と、実感します。
続きを読む →

人気絶頂の女の子ベーシストが奏でるビートルズ タル・ウィルケンフェルドとア・デイ・イン・ザ・ライフ

Tal-Wilkenfeld
もう、女の子なーんて言ったら失礼かもしれませんが・・・。
私の中では、ある意味永遠の女の子。

いまや、特に若手ベーシストの間でずば抜けた人気を誇るタル・ウィルケンフェルド(Tal Wilkenfeld)。
まずもって、華がありますね。
素晴らしいと思います。

今回は、そんなタルが演奏しているビートルズ・ナンバーに、ちょっぴり触れてみたいと思います。
続きを読む →

シーズ・ア・ウーマンのカバー ジェフ・ベック✕ジョージ・マーティン

51m7D3ymvjL
ジョージ・マーティンさんが亡くなったということで、先日来何本かの文を書いてきましたが、もう一本、ジョージ・マーティンにまつわる話に触れてみたいと思います。

ビートルズナンバーは、世界中の沢山のアーティストからカバーされており、星の数ほどあるのですが、今回はその中から、「She’s A Woman」のカバーを取り上げてみます。

私にとっても思い出深いカバー曲です。

ご存知の方々も多くいらっしゃると思うのですが、She’s A Womanは、ジェフ・ベックによりカバーされています。
収録されているアルバムは、1975年にリリースされた「Blow by Blow(ブロウ・バイ・ブロウ)」。
続きを読む →