ハッピー・バースデー! エリック・クラプトン!

Eric Clapton[/captio
ロック史に大きな足跡を残し、ギタリストとしても幾多の革命的な奏法を世に示してきたエリック・クラプトン。
ビートルズとの縁も深く、ホワイト・アルバムでは、ジョージの親友として録音に参加していますね。
今日、3月30日は、エリック・クラプトンの誕生日。
続きを読む →

ジョージ・ハリスンが天国へ旅立った日 R.I.P George Harrison

56ebcfe1fe4e12dbfc5e13e52f75b880
今日、11月29日は、ジョージ・ハリスンが天国へと旅立って行った日です。
ジョージの生涯は、1943年2月25日-2001年11月29日。
亡くなってから15年の歳月が経ったのですね。
もし・・・ジョージが生きていたら73歳の誕生日を迎えていたことになります。
続きを読む →

今宵のビートルズ  Yer Bluesな気分

rubbish-group-dirty-mac
ビートルズのアルバムで一番好きなものは?
この問いに、いまだ答えられない私です。
とはいえ、ホワイト・アルバムは、間違いなくその候補に入っています。
統一感がない、バラバラ・・・という指摘もありますが、それもまたこのアルバムの個性であり、時代をよく顕しているように思えるのです。
続きを読む →

ジョージ・ハリスンがパティに別れを告げた曲 Isn’t It A Pity

patty-boyd
ジョージ・ハリスンという人は、時に珠玉のバラードを生み出す才に恵まれていたと思うことがあります。

メロディーラインの美しさもありますが、独特のコード進行が彩りを添えてくる。

そんなジョージのバラード群にあって、とりわけ輝いているナンバーが、「Isn’t It A Pity」だと、私は思っています。

切々と歌い上げるジョージのこのナンバーは、やはりコード進行に極めて特徴があるのも事実です。

数あるジョージの作品の中にあっても、とびっきりビューティフルな一作と言ってもいいのではないでしょうか。
続きを読む →

Happy Birthday,Eric Clapton

171014claptonw
今日、3月30日は、エリック・クラプトンのバースデーです。

Happy Birthday,Eric!!!

クラプトンといえば、ビートルズとも非常に縁の深い存在であり、かのホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの録音に参加し、レスポールで泣きのギターを披露したことは、あまりにも有名な逸話です。

また、クラプトンはビートルズ解散後も、それぞれのメンバーと交流を持っており、文字通り生けるレジェンドだと言っていいと思います。
続きを読む →

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンとパティ・ボイド

MI0001833196
パティ・ボイドは小悪魔か。
他愛ないことに思えるかもしれませんが、私にとっては少年時代からの命題のひとつでした。

ある意味、男児の鉄腸を溶かすような女性だったのかもしれません。

生涯に渡り厚い友情を築いたジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン。
この二人を語るとき、どうしてもパティ・ボイドのことを避けて通るわけにはいきません。
続きを読む →