あの頃誰もが弾いていた『天国への階段』 レッド・ツェッペリン


1970年代のロックシーンを代表するバンドのひとつとして、レッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN)の名前があげられると思います。
熱狂的なファンをもつカリスマと呼んでもいいかもしれません。
レッド・ツェッペリンを取り上げるにあたり、たとえばテーマにしにくいのが、Stairway to Heaven(天国への階段)かと。
あまりにも、ベタ過ぎると申しますか・・・。
続きを読む →