あの頃誰もが弾いていた『天国への階段』 レッド・ツェッペリン


1970年代のロックシーンを代表するバンドのひとつとして、レッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN)の名前があげられると思います。
熱狂的なファンをもつカリスマと呼んでもいいかもしれません。
レッド・ツェッペリンを取り上げるにあたり、たとえばテーマにしにくいのが、Stairway to Heaven(天国への階段)かと。
あまりにも、ベタ過ぎると申しますか・・・。
続きを読む →

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の台頭 ロック史に吹いた新しい風


ビートルズが、まさに解散の危機にある頃、イギリスのロック界には、幾多の才能が生まれはじめていました。
いわゆるポップ、ロックの表現技法も大きく変化してきたし、アルバムづくりに関しても、60年代中期までとは、まったく異なるアプローチをするバンド達が輩出されてくることに。
その代表格のひとつがレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)だと思います。
続きを読む →