ハッピー・バースデー! ジャック・ブルース!


ジャック・ブルースという存在は、私にとって非常に大きな位置を占めています。
バンドをはじめようと思った際、どうしてもベーシストがいなくて、自分が担当をすることになり、まずお手本にしたのが、ジャック・ブルースのプレイスタイルでした。
また、ジャック・ブルースは、ベーシストとしてだけではなく、ボーカリスト、作曲家としても、素晴らしい才能を持っていたレジェンドだと思います。
続きを読む →

ジョージ・ハリスンとクリームの共演 歴史に刻まれた一項


1960年代の後半、ロックシーンに登場したクリームは、世界に衝撃を与えたと言っていいと思います。
当時では、想像だに出来なかった演奏スタイル、トリオ(スリーピース)による卓越したテクニック、圧巻のステージワークなど。
まさに、ロック史に革命を起こしたといっても過言ではないでしょう。
続きを読む →

RIP Jack Bruce ジャック・ブルースよ安らかに

Jack Bruce

ロック史に永遠に刻まれ、未来永劫語り継がれるであろう鬼才。
ジャック・ブルース。
最もよく知られているのは、あのクリームのベーシストにしてボーカルであったことだと思います。
今日、10月25日は、そのジャック・ブルースが天国へと召された日。
心からご冥福をお祈りします。
続きを読む →

60年代を象徴するギター・サウンド ウーマン・トーン

CREAM

音楽には、その時代を象徴するサウンドというものがあると思います。
このブログでは、60年代、70年代をターゲットにしておりますが、今回はギターにスポットを当ててみたいと思います。
おそらく、60年代を象徴するギターの奏法と言ってもいい『ウーマン・トーン』のことを。
続きを読む →

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの共作 バッジ(Badge)

george-harrison-and-eric-clapton
ジョージ・ハリスンといえば、これからも私は、エリック・クラプトンとの友情に関して、綴ってゆくことになりそうです。

二人の間には、普通では理解できないほどの強い絆があった。

さて、ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンといえば、ホワイト・アルバムにおいて、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの録音にクラプトンがギタリストで参加したことが有名ですが、その他にも、多々ライブ等々では、クラプトンがジョージのナンバーを演奏するシーンはありました。

そんな二人には、共作したナンバーが存在します。
続きを読む →

RIP Jack Bruce ジョージ・ハリスンとも交流のあった天才ベーシスト

Farewell Cream
ジョージ・ハリスンといえば、エリック・クラプトンとの友情が、あまりにも有名ですが、そのクラプトンと共にクリームに在籍していたのがジャック・ブルース。

元来、チェロを専門にしていたジャック・ブルースは、クラシックの素養を磨きつつも、ベースプレイに独自の奏法を生み出し、ロック史に偉大な足跡を残すこととなります。

また、ベースを弾きながらのかみつくようなボーカルは、ものすごいインパクトを世界中に与えました。

続きを読む →

ビートルズの外に生まれ始めた新しい息吹

orig
ビートルズが、音楽界に与えた影響は、「多大」という言葉では表現し難いものがあると思います。

明らかにビートルズの登場により、音楽シーンは、大きな変化を遂げ、後世においても、その種子は増え続けるばかり。

さて、今回は、ちょっと視点を逆さまにして、では、ビートルズに影響を与えた後発組はいないのか?という点について、少し書いてみたいと思います。
続きを読む →