戦慄奔る希代の名盤 キング・クリムゾンが放ったレッド


キング・クリムゾンと申しますと、あまりにも有名なのは、やはりあのファースト・アルバム’In The Court Of The Crimson King’邦題「クリムゾン・キングの宮殿」かと思います。
今時の表現をすれば、神アルバム。
幾多の衝撃作を発表したキング・クリムゾンですが、あえて私なりに、この1枚!ということで選べば、’Red’(レッド)をチョイスしたいと思っています。
続きを読む →

キング・クリムゾンとリズム・セクション


ビートルズが、その活動に終止符を打とうとする時、まるで入れ替わるかのようにイギリスのロックシーンに登場してきたキング・クリムゾン。
一言でいえば、衝撃でした。
従来の音楽概念をくつがえすかのような作品づくりにして、そのプレイスタイルは、度肝を抜くものだと思います。
続きを読む →