オール・シングス・マスト・パスに漂う無常感

DSC06030
平家物語。
あのあまりにも有名な序、祇園精舎の語りでは、こう謳われています。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす」

また、鴨長明の方丈記では・・・
「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし」
という有名な書き出しがあり、いずれも無常感に満ちたものとなっています。

続きを読む →

ビートルズと言葉のパワー

The-Beatles-the-beatles-27518641-1024-768
ビートルズの魅力は?といえば、それはもう、数え切れないほどのものがあると思います。

おそらく、語り尽くすことなど、誰であっても不可能ではないでしょうか。

そんなジレンマを抱えつつ、私としては、その断片をひとつずつ、拾ってゆく作業しかできません。

今回は、彼等ビートルズの言葉のパワーについて、触れてみたいと思います。

続きを読む →

リボルバーという奥深くも怖ろしきアルバム

revolver_beatles
1966年8月5日にリリースされたビートルズのアルバム『リボルバー(REVOLVER)』。
このアルバムに関して、私は、これからも何度となく書き、格闘してゆく必要がありそうです。

それほどまでに、このリボルバーが持つ世界観は奥深く、ビートルズの行く末を考えるに、避けては通れない位置づけにあると思っているからです。
続きを読む →

アルバム『ヘルプ!』で人生が変わった

help the beatles
音楽好きな方々であれば、おそらくは、特別なアルバム、この一枚!というものを持っていらっしゃると思います。

これも出会いですよね。

私にもあります!
他に、どんな名盤があろうとも、忘れられない一枚のアルバムというものが・・・。

私にとっての、その一枚は、ビートルズのヘルプ!です。

中学1年生のとき、それはもう、一生懸命になって、遠方まで出かけ、買いに行ったときのことを、今でもよく憶えています。

続きを読む →

ジェフ・ベックとビートルズ

jeffbeck_lg
ジェフ・ベックといえば、究極のギター小僧!と申しますか、とにかくギターで表現できることは、何でもやってしまう!というイメージがあります。

もう、本当に人生そのものがギターなんでしょうね。

このジェフ・ベックとビートルズ・・・というと、あまり関係性を感じない方々もいらっしゃると思うのですが、そんなことはありません。

おそらく、ジェフ・ベックは、ビートルズがお気に入りなのだと、私は確信しています。

続きを読む →

NOWHERE MAN(ひとりぼっちのあいつ)は、ジョン・レノン自身の投影か

Rubber-Soul-600x600
1965年12月3日にリリースされたビートルズのアルバム、『ラバー・ソウル(Rubber Soul)』。
そのA面4曲目に収録されているのが、NOWHERE MAN(邦題:ひとりぼっちのあいつ)です。

まず、ラバー・ソウルというアルバムですが、ビートルズが大きな転機を迎える前のラスト・アルバムだと言ってもいいと、私は思っています。

ある意味、ビートルズには、何度かの転機があったと考えられると思いますが、ラバー・ソウルに続くアルバムはリボルバー。
リボルバーというアルバムの方向性を考えたとき、ラバー・ソウルの位置づけも、ビートルズのある章が完結した・・・という意味を感じ取ることが出来るように思うのです。

さて、今回のテーマであるNOWHERE MANに話を戻しましょう。

ここに歌われている「ひとりぼっちのあいつ」とは、ジョン・レノン自身の姿を投影したものではないか?と、私は想像しています。

続きを読む →

エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの間を行き来したレスポール 『ルーシー』

20141020171251
ホワイト・アルバムにおいて、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの収録にあたり、ジョージ・ハリスンが、エリック・クラプトンを招いたという話は、これまでにも触れてきましたが、その際に、エリック・クラプトンが使用したギターには、物語が潜んでいます。

一般的に『ルーシー』と呼ばれているレスポール。
エリック・クラプトンに弾いてもらうために、ジョージ・ハリスンが用意しておいたもので、このルーシーによって、あの泣きのギターが演奏されることになります。

この一本のギターが、運命に導かれるように、エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの間を行き来することになるのです。

続きを読む →

アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の発表と正式名称について

please please me
『ザ・ビートルズの誕生はいつか?』とういことを考えはじめると、話が長くなりますが、こと『アルバム・デビュー』という言い方をするならば、1963年3月発表の『プリーズ・プリーズ・ミー(Please Please Me)』であるとして間違いはないと思います。

ジャケットになっている写真は、当時のEMI社の吹き抜けで撮影されたスナップが採用されており、あの時代としては画期的なことでした。

また、このファースト・アルバムの正式名称をきちんと書くと・・・
‘Please Please Me / with Love Me Do and 12 Other Songs’
という長いタイトルとなります。

ちょっと違和感を覚える方々もいらっしゃると思いますが、当時としてはよくあるパターンで、たとえば、アルバム・タイトルを見ただけで、ある程度の時代を推定することが出来るというもの。

要するに、プリーズ・プリーズ・ミーとラヴ・ミー・ドゥその他12曲・・・という書き方で、全14曲収録であることが、すぐに分かります。

続きを読む →