I’m a Loser(アイム・ア・ルーザー) The Beatles


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのA面2曲目に収録されたのが、I’m a Loser(アイム・ア・ルーザー)。
フォークロック的な曲調になっており、ジョンによるハーモニカの味わいが、その色を濃くしています。
続きを読む →

ビートルズ・フォー・セールの幕開けを告げるナンバー No Reply(ノー・リプライ)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバムが、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバム冒頭に収録されたのがNo Reply(ノー・リプライ)。
失恋の痛みを綴ったナンバーですが、それもジョン・レノンが歌うと、ロックを感じてしまいます。
続きを読む →

ジョン・レノンの心 その閑かなる叫び Jealous Guy(ジェラス・ガイ)


ビートルズが解散をした後、4人のメンバーは、それぞれの道を歩いていきます。
さて、ジョン・レノンですが、1971年には、アルバム『Imagine(イマジン)』を発表しています。
そのA面3曲目に収録されているのが『Jealous Guy(ジェラス・ガイ)』。
私の中で、時代が移れど、常に変わらず大好きなナンバーのひとつです。
続きを読む →

I’ll Be Back(アイル・ビー・バック) アルバムA Hard Day’s Nightのラストを飾るナンバー


1964年7月10日、イギリスで発表されたビートルズ3作目にあたるアルバムA Hard Day’s Night。
このアルバムのラストを飾るのがI’ll Be Back(アイル・ビー・バック)ですね。
アルバムを通じて、エネルギーの発露、元気さ!を感じさせられますが、その締めくくりには、比較的メローなナンバーが配置されたことが、まず興味深いと思います。
続きを読む →