Happy Birthday,Kate Bush ! おめでとうケイト・ブッシュ!

Kate Bush

イギリスを代表する歌姫。
それは事実だと思いますが、ケイト・ブッシュの才は、シンガーであることに留まっていないことは確か。
どれだけの才能に恵まれた人なのか・・・。
まさに、天才とは、こういう人を言うのだろうと思うことがよくあります。

今日、7月30日は、そんなケイト・ブッシュの誕生日。
ハッピー・バースデー!ケイト!

ケイト・ブッシュは、1958年生まれですので、日本流にいえば、還暦を迎えたことになります。

私は、ケイト・ブッシュのアルバムが発表されるたびに、リアルで・・・と、申しますか、発売日にすべて購入してきた人間ですが、ケイト・ブッシュがメジャーデビューをしてきた時には、まさしく衝撃でした。

独特の世界観、表現技法・・・・その詩の世界と。

そんなケイト・ブッシュですが、音楽を志し、活動をはじめた頃は、レコード会社に見向きもされなかったと言われています。
レコード会社へ持ち込んだ音源は、相手にもされなかったとか・・・。
天才を見抜く眼がなかったのですね。

評価されずにきたケイト・ブッシュを見出したのは、ピンク・フロイドのギタリストとして名を馳せていたデヴィッド・ギルモア。
デビュー・アルバムの日本盤、そのレコードジャケットの帯には、「デヴィッド・ギルモアの秘蔵っ子」という文字が・・・。

ファーストアルバムで、世界から高い評価を得たケイト・ブッシュは、次々に名作を発表していきます。
他の誰とも似ていない。
独特の世界、神秘なる空気感。

ケイト・ブッシュは、人気が絶頂のときであっても、メディアでの露出は少ないほうだったと思います。
そのことが、更に神秘性を増した。

今日はケイトの誕生日。
改めて、おめでとう!と言いたいし、これからのケイトの日々が、素晴らしいものでありますように。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]