Everybody’s Trying to Be My Baby(みんないい娘)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面7曲目に収録されたのが、Everybody’s Trying to Be My Baby(邦題:みんないい娘)。
ビートルズ・フォー・セールのラストを飾るナンバーですね。

オリジナルアルバムの最終曲に、カバーを持ってくるあたり、初期のビートルズならでは!という感がいたします。

カバーと書きましたが、原曲は、アメリカのカール・パーキンスによるものです。

このナンバーでボーカルを担当しているのはジョージ・ハリスン。
ギタープレイも初期におけるジョージの味わいが感じられ、文字通りジョージをフューチャーしたナンバーだと言ってよさそうです。

私は時々、ビートルズ関連の演奏を見聞きするため、お店へ足を運び、いろいろなバンドを見ていますが、このナンバーをレパートリーにしている人達も多いように感じます。

ライブでやりたくなるナンバーということでしょうか。

いずれビートルズは、ライブ活動から去ってゆくわけですが、まだ破竹の勢いで、空へ駆け上がろうとしている時期の演奏には、それにふわさしい味わいがあるように思えます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]