I Don’t Want to Spoil the Party(パーティーはそのままに)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面5曲目に収録されたのが、I Don’t Want to Spoil the Party(パーティーはそのままに)。
こちらもお馴染み、レノン=マッカートニー作としてクレジットされたナンバーですね。

実質的には、ジョンの作品だと言われており、ボーカルも印象的だし、ジョンのパートにハーモニーが被ってくる部分が、そこはかとない味わいを出しています。
初期のビートルズは、そのハーモニーも斬新だと受けとめられていたと思います。

また、このナンバーの魅力のひとつは、リズムギターの刻みであったり、そのプレイだと私なりに思っております。
目立たないように思えるかもしれませんが、このナンバーにおいて、リズムギターが果たしている役割は大きいなと。

このナンバーは、アメリカではシングル・カットもされており、その際にはエイト・デイズ・ア・ウィークのB面という位置づけでした。

近年は、CDであったり、あるいはデータのダウンロードで音楽を満喫される方々が増えておりますが、アナログのレコード盤を裏返すという所作には、それなりの意味があったと、私は思っています。

I Don’t Want to Spoil the Party

ビッグ・ヒットになったナンバーではありませんが、ビートルズの魅力、その片鱗が垣間見られる作品だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]