あのイエスもカバーしたビートルズの初期ナンバー Every Little Thing(エヴリー・リトル・シング)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面4曲目に収録されたのが、Every Little Thing(エヴリー・リトル・シング)。
お馴染み、レノン=マッカートニーのコンビ名でクレジットされているナンバーですね。
実は私、このナンバーがかなり好きです。

ジョンとポールのコーラスが、そこはかとなく気持ちがいいな!と、感じさせてくれる秀作かと思います。

先日のこと、都内のとあるお店で、ビートルズのカバーバンドのライブ・ステージを見てきました。
リクエストを受け付けてくれるとのことで、Every Little Thingの曲名を書いて渡したのですが、しっかりとやってくれました。

リンゴが担当したと言われるティンパニも印象的な響きで、心地よいアクセントになっていますね。

このナンバーですが、以前この場でご紹介をしたことがあるかもしれませんが、あのイエスも若かりし頃にカバーをしています。
こちらのカバーは、またかなり高度な出来映えとなっています。

何せ、ドラムは、あのビル・ブラフォードだし、格好いいはずですね。

初期のイエスといえば、サイモン&ガーファンクルのアメリカもカバーしていたし、結構意外な選曲もしていましたね。

イエスが演奏するビートルズ!というのも希少価値かと思います。

やはり、彼等が取り上げるくらいですから、それだけでも名曲なのだということが分かるというものです。

今夜は、このナンバーを聴きながら、やすみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]