今宵の1曲 デヴィッド・ボウイ Heroes(ヒーローズ) ベルリンの壁崩壊を予見していたか

David Bowie

デヴィッド・ボウイ(1947年1月8日 – 2016年1月10日)
まさに、鬼才と呼ぶにふさわしい人だったと思います。
数多くの名曲を残し、幾多の素晴らしいステージも見せてくれました。
今宵は、そんなデヴィッド・ボウイのナンバー、Heroes(ヒーローズ)を聴きたくなり。

ヒーローズは、デヴィッド・ボウイにとって11作品目にあたるアルバムで、1977年10月14日にリリースされています。
私が思うに、名盤中の名盤ではないかと。

バック・ミュージシャン達も素晴らしい顔ぶれで、ロバート・フリップをはじめ、キング・クリムゾンのサウンドを彷彿とさせる気配も漂っています。

アルバムの表題作となったヒーローズは、ベルリンの壁、その傍らで逢う恋人達を描いたものだと言われています。

そして、1989年、ベルリンの壁崩壊。

デヴィッド・ボウイが作品として世に放ってから、ちょうど12年後のことでした。

この作品が完成するまでのバックボーンにも、非常に興味深い部分が多々ありますが、演奏も最高ですね。
特に、ロバート・フリップが弾いているであろうイントロ部のギターにはしびれます。

デヴィッド・ボウイという人は、いろいろな魅力をもっており、また謎な部分も多い。
そこが、またいい。

2016年1月10日、帰らぬ人となりましたが、宇宙へ飛び立っていたような感覚にさえ襲われます。

ヒーローズは、ライブでも度々披露されており、おそらくデヴィッド・ボウイ自身も気に入っていたナンバーのひとつではないでしょうか。

文句なしに!
素晴らしい作品だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]