若きビートルズの魅力が詰まった作品 Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面1曲目に収録されたのが、Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)。
若き日のビートルズ、その魅力、エキスが凝縮されたような名作のひとつかと思います。

まず、イントロからしていいですね。
来るぞーー!という感覚を抱きます。

ビートといい、歌詞といい、ハーモニーといい、当時のビートルズを象徴するような1曲ではないでしょうか。

ご存知の方々も多いと思うのですが、このナンバーは、リンゴが「一週間に8日も仕事だよ」と、つぶやいたことからヒントを得たとされています。

超多忙な日々を送るビートルズ。
その思いを恋の歌に替えてしまうところに、彼等のユーモアと、ちょっとした皮肉めいた響きを感じ、いやいや良い感じです。

私も、中学生の頃だったでしょうか、このナンバーをアコースティック・ギターで弾きながら、よく歌っていたものでした。
友だちが遊びに来たときには、一緒に即興で演奏し、実に楽しかった思い出があります。

そのときには、「ウィーク」の「ク」の部分を、思いっきり強く発音して、遊んでいたことなどが、思い出され・・・。

今までも、よく書いてきたことですが、ビートルズの初期においては、とりわけ元気さ、エネルギッシュさが魅力のひとつですね。
毎日のように、走り回る生活を送っていても、彼等の創作意欲は衰えることはなかった。

むしろ、そのことをエネルギーに変えていたかのよう。
懐かしい1曲であると同時に、いつまでも色褪せない名曲だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]