今日の終わりに Candle in the Wind 


夜が来て、今日の終わりを迎える時。
何かしら、音楽を聴いてから眠る。
それが習慣になっています。
今宵は、ちょっとしっくりして、こころ安まる音楽を聴きたい気分。

そこで、懐かしいナンバーを流してみる。

エルトン・ジョンの代表作、そのひとつとも言っていい’Candle in the Wind’。
静かな中に、情感のこもった力作だと思います。

Candle in the Windは、1973年10月5日にリリースされたアルバム’Goodbye Yellow Brick Road’に収録されていますね。

有名な話ですが、このナンバーは、マリリン・モンローに捧げたものだとされています。
というよりも、間違いないでしょう。

歌い出しから別れを告げる言葉が。

Goodbye Norma Jean

グッバイ、ノーマ・ジーン

ノーマ・ジーンとは、マリリン・モンローの本名です。

マリリン・モンローの人生を風の中に揺れるキャンドルにたとえたのでしょうか。

詩の節々に、ノーマ・ジーンへの愛がほとばしります。

また、こちらも有名な事実ですが、ダイアナ妃が亡くなった際には、このナンバーの詩に手が加えられ、協会で歌われています。
以来、エルトン・ジョンは、このナンバーを封印していると聞きました。

誰からも、美しいと言われ、それでも心の中に孤独を宿している。
そんなはかなさを切々と歌い上げるエルトン・ジョン。

心おだやかに、今日という日を閉じたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]