Mr. Moonlight(ミスター・ムーンライト) ジョン・レノンのボーカルが印象的なカバー曲


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのA面6曲目に収録されたのが、Mr. Moonlight(ミスター・ムーンライト)。
ジョン・レノンの歌い出しが、実に印象的なナンバーですね。

このナンバーは、R&Bシンガーのピアノ・レッドが、ドクター・フィールグッド&ジ・インターンズ名義で発表したもので、ビートルズがカバーをしたことになります。

アルバムタイトルからも分かるように、クリスマス商戦に間に合うようにと録音をする必要があった中、ビートルズは多忙を極め、オリジナルだけでは収録数が足りなかったという説もあります。

そこで、カバーを持ってきているということですが、考えようによっては、ビートルズがカバーをするということも貴重なものだと思えてきます。

このナンバーをぼく達がやったらこうなるよ!
という姿を見せてくれているかのよう。

カバーというものも、私は興味深いものだと思っています。
それぞれの解釈があり、表現技法がある。

いまや売り出し中!という時期のビートルズを象徴するかのような1曲ではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]