Baby’s In Black(ベイビーズ・イン・ブラック) 帰らぬ人をおもう姿


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのA面3曲目に収録されたのが、Baby’s In Black(ベイビーズ・イン・ブラック)。
ワルツ調の仕上がりが印象的なナンバーでもあります。

まず、このナンバーを聴くと、ジョンとポールのハーモニーが、心に響きますね。
低音部をジョン、高音部をポールが歌っていますが、素晴らしいバランスだと思います。

このナンバーには、こんな一節が出てきます。

Baby’s in black and I’m feeling blue

彼女は黒に身を包み、ぼくはブルーな気分になる

おそらく、黒というのは喪服をイメージしたものではないでしょうか。

ビートルズがハンブルクへ行っていた際の友人に、アストリッド・キルヒャーという女性写真家がいます。
このアストリッド・キルヒャーは、元ビートルズのメンバーであったスチュアート・サトクリフの婚約者でした。

しかし、スチュアート・サトクリフは、脳腫瘍により、若い命を失っています。
アストリッド・キルヒャーが受けたショックは大きく、立ち直れない日々が続いたとされ、おそらくビートルズは、そのことを歌っているのだろうという説が有力かと思います。

この時期のビートルズは、身の周りに起こることならば、何でも曲にできた。
リアルな世界を描いていたと思います。

後年、サイケデリック調で、不思議な世界観を表現する時期とは対照的ですね。

時代、時代で、曲作りも変化して行くビートルズ。
これもまた、確かに彼等の時代を表す一曲ではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]