ビートルズ・フォー・セールの幕開けを告げるナンバー No Reply(ノー・リプライ)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバムが、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバム冒頭に収録されたのがNo Reply(ノー・リプライ)。
失恋の痛みを綴ったナンバーですが、それもジョン・レノンが歌うと、ロックを感じてしまいます。

ノー・リプライは、おなじみレノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはジョンの作品だと言われていますね。

This happened once before
When I came to your door
No reply

作品冒頭に歌われる歌詞ですが、非常に印象的な響きを持っており、若き血の発露を感じます。

こんなことが、前にもあったんだ
きみの家の前まで来たのに
返事がないんだ

本当は、家にいることは分かっているのに返事をしてくれない彼女。
電話をしても、何をしても応答なし・・・・。

ジョンは、ついに「死んでしまいたいよ!」と叫びます。

こうして、詩だけを抽出すれば、情けない状態になってしまった失恋男の歌・・・で、終わってしまうのですが、ジョンが歌うことによって、ロック魂が伝わってくるから不思議です。

まだ、この時代のビートルズは、恋や愛をストレートに表現し、題材にすることも多々あった。
そんな時期における名曲のひとつだと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]