ジェフ・ベックとシーズ・ア・ウーマン(She’s A Woman)

Jeff Beck

仕事をしながら音楽を流すことが習慣になっています。
今朝は、何となくジェフ・ベックのサウンドが聴きたくなり、ふと高校生時代のことなどを思い出しておりました。
幾多の名ギタリストが存在しますが、ジェフ・ベックという人は、本当にギターの虫なのだな!と、実感します。

ギターで表現できることは、何でもやってしまう。
そんなイメージもあります。

ジェフ・ベックのギター・テクニックについて語り出すと、きっと止まらなくなると思いますので、今回は、ジェフ・ベックがアルバム『ブロウ・バイ・ブロウ』 (Blow by Blow)の2曲目に持ってきたビートルズのカバーについて、触れたいと思います。

ブロウ・バイ・ブロウが発表されたのは、1975年のこと。
最近のジェフ・ベックは、ストラトキャスターをメインに使っていますが、この時期はレスポールも多用していましたね。

レノン=マッカートニーの作品をギターの鬼才、ジェフ・ベックが演奏するとこうなる!というところでしょうか。

ご存知の方々も多いと思いますが、ジェフ・ベックは後年、ビートルズのア・デイ・イン・ザ・ライフもインストロメンタルで披露しています。

ギターが秘めている可能性を極限まで出す。
それこそが、ジェフ・ベック流なのかもしれません。

希有なギタリストだと言えるでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]