ポールらしさ漂うポップ Things We Said Today(今日の誓い)


1964年7月10日に発売となったビートルズ3枚目のオリジナルアルバムが『A Hard Day’s Night』。
このアルバムに『Things We Said Today(今日の誓い)』は収録されています。
B面の3曲目に登場してくるもの。
レノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはポールのナンバーだと言っていいでしょう。

非常にポールらしい曲構成だな!という感を抱くし、実際ポール自身、このナンバーがお気に入りだったようで、ビートルズ解散後にもステージで演奏したりもしています。

メローな印象も受ける流れですが、マイナーコードが効果的に採り入れられていると思います。

一部、ボーカルを被せ込んでくるところのハーモニーも絶妙で、このナンバーの魅力を増しているのではないでしょうか。

ジョンのかくナンバーとは、また違った風味をもつポール作品。
アルバムの中でも、その個性がうまく調和し、ハーモニーを奏でていると思います。

ジョンとポールが、一緒になって曲づくりに励んでいた時期。
そんな良き思い出が染みこんでくる。

このナンバーも、そんなポールの隠れた名曲、そのひとつではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]