ジョンがお気に入りだったという『A Hard Day’s Night』の1曲 I’ll Cry Instead(ぼくが泣く)


イギリスで、1964年7月10日に発表されたビートルズ3作目のオリジナルアルバムが『A Hard Day’s Night』。
これまでも、何度か書いてきましたが、実に勢い、元気を感じる作品に仕上がっていると思います。
このアルバムには、多くの名曲が収録されていますが、ジョン・レノン自身は、B面2曲目に収録されている『I’ll Cry Instead(邦題:ぼくが泣く)』が、大のお気に入りだったようです。

ちょっと語弊があるかもしれませんが、ごくごく簡単に言ってしまえば、大好きで大切な女の子にふられてしまい、ちょっとやけになりつつ、「だからぼくは泣くんだ」的な楽曲です。

そんな失恋ソングにも関わらず、曲調には、やはり勢いがあります。
特に、このナンバーにおけるジョンのボーカル、そしてギタープレイが秀逸ですね。

ビートルズと申しますと、ギタープレイには、あまり話題がいきませんが、このナンバーにおけるギターは、なかなかのものだと、率直に思います。

失恋、泣く・・・。
それでも、「いつか見ていろよ!」という気持ちも盛り込まれています。

ある意味、とてもジョンらしいサウンドであり、歌詞に関しては、初期におけるジョン風味が満載なように感じます。

ちょっと想像してみます。
ビートルズが、このアルバムを出した頃、このナンバーを聴いて、失恋の痛みを乗り越えようとした人々もいたのではないか?
そんな風に考えると、実に愛おしくもなりますね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]