マシュー・スウィート&スザンナ・ホフスによるビートルズ・カバー And your bird can sing


バングルスでお馴染みのスザンナ・ホフスが、マシュー・スウィートと組んでカバー集を発表していますが、その中にはビートルズ・ナンバーも含まれています。
以前も書いた記憶がありますが、スザンナ・ホフスは、ビートルズが大好きで、とりわけリンゴ・スターの大ファン!だと、インタビューで本人が語っておりました。
今回は、そんな彼女達がカバーしている「And your bird can sing」について、ちょっぴり触れてみたいと思います。

カバーとしては、かなり原曲に忠実なつくりになっており、ビートルズへのリスペクトを感じさせる出来映えではないでしょうか。
また、このナンバーが持っているビート感も、とても良く伝わってきますね。

ビートルズには、それこそ無数の名曲がありますが、このナンバーは、自分で演奏したら気持ちがいいだろうなー!というもののひとつですね。

日本でも、Charがカバーしているのは、結構有名です。

こうして、いろいろなアーティストが、それぞれのビートルズを表現している。
新たな生命を宿し続け、後世へと語り継がれていくのでしょう。

名曲には、やはりリスペクトをもって接したい。
私自身、そんな思いを抱きながら、ステキなる音楽世界と向かい合いたいと願っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]