疾駆するビートルズ その勢いを象徴するナンバー キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)


ビートルズの初期作品には、元気さ、勢いが充ち満ちているように思います。
そんな作品群にあっても、スペシャルな一曲が、キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)ではないか?と、思えることがあります。
ぐいぐい迫り来るようなパワーが感じられるし、まさに当時ビートルズが駆け抜けていった足音が響いてくるようです。
続きを読む →