すてきなダンス ジョン・レノンがジョージ・ハリスンに歌わせたことに意味はあるのか?


ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day’s Night、そのA面4曲目に収録されたのが『I’m Happy Just To Dance With You』(邦題:すてきなダンス)。
レノン=マッカートニーの作品ですが、実質的にはジョンのものと伝えられています。
ただ、ボーカルを担当しているのはジョージ・ハリスン。
実際、この起用は当たったと思うし、いい味わいを醸し出していると思います。
続きを読む →