今宵のビートルズ Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー) ジョージ・ハリスンの渾身


今日も終わりを迎えようとしています。
ちょっと肌寒さを感じる一日となりました。
さて!今宵は何を聴こうか-!と、思っていたところ、頭に浮かんだのがこのナンバー。
Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー)

ジョージ・ハリスンが手がけたこのナンバーは、聴き込むほどに、その面白さに気づきますね。
実は、来年になったら、ちょっとライブをやろうと思っていまして、仲間がリクエストしてきたナンバーのひとつがこれ。

自分で弾くんだ!と、思って向かい合うと、見えなかった部分も見えてきますね。

まず、ギターの刻みが面白い。
さらに、ベースラインが非常にユニークなことに気づきます。

この時期のジョージは、ギターとベースによるオクターブ・ユニゾンを好んで使っていたとされていますが、このナンバーも実に面白い。
これからライブへ向けて練習もするわけですが、楽しみです。

ところで、このオールド・ブラウン・シューの中に、こんなくだりがあります。

I want a short haired girl
Who sometimes wears it twice as long

ショートヘアの女の子がいいね。
時々、伸ばしてほしいな

何とも我が儘な欲求です(笑)
でも、そこがまたリアリティーがあって良い。

ジョージも古びた茶色の靴を脱ごう!としたのですね。
脱皮という言葉は、ジョージにとっては飛躍とも置き換えられそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]