ジミ・ヘンドリックス生誕の日に ポール・マッカートニーもリスペクトしてやまない伝説のギタリスト

p01gwmjz
今日、11月27日は、ジミ・ヘンドリックス生誕の日にあたっています。
ジミ・ヘンドリックス(1942年11月27日-1970年9月18日)
60年代に打ち上がった花火のような短い生涯でした。
しかし、ジミヘンが亡くなった後も、後世のギタリスト達は非常に大きな影響を受け続け、その魂は生き続けていると言っていいでしょう。

ジミヘンから影響を受けたギタリストの名前をあげはじめたら、それだけで凄い作業となりますが、たとえばカリスマ的な存在として愛されるSRVことスティーヴィー・レイ・ヴォーンもその一人。
さらに、若手で言うと、その系譜上にある一人が、ジョン・メイヤーだと言っていいと思います。

さて、ジミヘンに関しては、ビートルズも非常に注目をしており、特にポール・マッカートニーは、その才能に最大級のリスペクトを払っていたそうです。

ジミヘンが、彼のライブで「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を演奏したことは有名で、伝説になっていますが、ポールが明かしたことによれば、世界中で誰よりも先に、要するに世界ではじめてライブにおいてサージェント・ペパーズを演奏したのは「ジミだよ」とのことです。
しかも、ジミヘンは、ライブの冒頭、1曲目に、ビートルズのこれを持ってきたそうで、ポールはよほどそのことが嬉しかったようです。

ポールの発言によれば、「金曜日にサージェント・ペパーズが発売になって、彼はその2日後にはライブで演奏していたからね!」とのこと。

ギタリスト達からは、神のような存在であるジミヘンですが、ポールも信者の一人なのですね。
そのポール、ジミヘンへのリスペクトは変わることなく、自身のライブにおいて、ジミヘンの「フォクシーレディー」を演奏することが定番となっています。

ジミヘンという人は、その生涯において、謎も多く、これからも多くの真実が明かされていくように思います。
ぜひ、その伝道師として、ポールには長く元気でいてほしいですね。

文末になりましたが、この日にあたり。
Happy Birthday,Jimi

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]