ポール・マッカートニーが愛犬に語りかけた優しいナンバー Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)

paul_mccartney_dog_martha
ホワイトアルバムに収録された『Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)』。
ピアノの調べも印象的な素敵なナンバーだと思います。
このアルバムの制作過程ではよくあったように、マーサ・マイ・ディアの録音にあたっては、ポール以外のメンバーは参加していません。

ポールは、単にマルチプレイヤーというだけではなく、どのパートでも非常に高いクオリティーを持っているし、才能を証明している一作と言えそうですが、やっぱりファンとしては、ビートルズの4人が揃ってほしかったという気持ちもありますね。

なお、このナンバーにはブラスとストリングスが挿入されていますが、それ以外は全部ポールが一人で演ったという意味です。
ボーカル、ピアノ、ギター、ベース、ドラム・・・と。

すごい人です。

さて、ここで歌われているマーサですが、ポールの愛犬の名前だそうです。
ポールは愛犬家だったらしく、後年ウィングス時代に『ジェット』というヒット曲を発表していますが、これも愛犬の名前から取っているそうです。

いとしいマーサ・・・・と、優しく語りかけるポール。
犬の名前だと知らなければ、ラブソングにも聞こえます。

いろいろ実験的なナンバーが入っていたり、革新的な試みがなされているホワイトアルバムですが、マーサ・マイ・ディアは、いかにもポールらしい、優しくもポップ感覚にあふれた名作のひとつだと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]