ジョン・レノンがポール・マッカートニーの才能を賞賛した初期の代表曲 『All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)』

xx4uh
ビートルズのセカンドアルバム『With the Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)』の3曲目に登場するのが『All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)』。
このナンバーは、数あるビートルズ・ナンバーの中にあっても、非常に人気の高いものかと思います。
クレジットは、お馴染みのレノン=マッカートニーとなっていますが、実質的にはポールの作品だと言われています。
リズムといい、ポールのボーカルといい、またギタープレイが実に味のあるものになっている名曲ではないでしょうか。

「目をとじて、キスをするから」という言葉ではじまるラブソング。
明日になれば、ぼくはいなくなってしまうけど、「毎日君に手紙を書くよ」、「ぼくの愛のすべてを込めて」というような歌詞が綴られています。

やはりここでも、手紙にまつわる愛の言葉が登場します。
たとえば、現代であれば、「毎日メールをするから」となってしまったら、ロマンの度合いもかなり下がりますね・・・。

演奏面では、ポールがヘフナーを用いて、秀逸かつ優しいラインを奏でています。
また、前述もしたように、ギタープレイが非常に特徴的で、このナンバーに魅力を加味していると思います。

おそらくジョンが刻んでいるであろうバックギターのリズムは、本当に独特でお洒落ですね。

また、このナンバーの特徴のひとつとして、バックボーカル(コーラス)について触れておきたいと思います。
特に初期のビートルズでは、ポールとジョンのハーモニーが鉄板でしたが、All My Lovingについては、スタジオテイクでは、ポールが自らハーモニー部分も歌っています。

ライブで演奏する際には、ジョージ・ハリスンがハモっていることも興味深いですね。

さて、このAll My Lovingですが、ポールのナンバーの中でも、とりわけジョンが気に入っていたそうです。
1980年にインタビューを受けたジョンは、当時を回想し、「残念なことに、あれはポールのナンバーだ(笑)。くやしいほどに良いナンバーだね!」と語っています。

今もなおこのナンバーが愛され続けていることは、私自身も実体験で感じています。
ビートルズ関連のライブやセッションへおじゃますると、本当によく演奏されているし、このナンバーへの思い入れが伝わってきます。

ある意味、セカンドアルバムであるウィズ・ザ・ビートルズの顔とも呼べるほどに、世代を超えて愛されているナンバーだと言えそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]