The Beatles トリビュートバンド Four Sale Live in Apple

14572880_1222554564475804_3445235839603326414_n
昨日10月10日は、東京は浅草までのほほんとでかけて行き、友人と雷門前で待ち合わせ。
向かった先は、Live in Apple。
ビートルズ好きが集う場所です。
そうです。沢山浴びてきましたよ、ビートルズビームを♪

昨日、ステージを努めてくれたのは、このブログでも何度かご紹介しているビートルズのトリビュートバンド、Four Sale。
女性1人、男性3人の4人組です。

とても明るくて、仲のいいメンバー達が眩しいばかりです。
必然、ステージもノリノリで楽しいものに。

Four Saleが展開してくれたステージですが、昨日は3つのコーナーに分けたもので、ビートルズ初期~後期に至る珠玉のナンバー達を聴かせてくれました。
つい、一緒に歌いたくなるのが、ビートルズの魅力でもありますね。

実に沢山のナンバーを演奏してくれたし、どれも格好良く決めてくれたのですが、昨日の私の気分にぴったりだったのか?
このカバーが、非常に印象に残りました。

リードボーカルは伸びやかで、コーラスもバシッと決まっていましたが、私がハートビートを覚えたのは、ドラムスが刻み、奏でる文字通りのビートでした。
気持ちよいほどに躍動していたし、気持ちが籠もっていたと思います。

そうそう、ドラムス担当は、この場ではすっかりおなじみのさおりんごスターこと金澤沙織さん。

14615608_1349295658415227_4184305925968991775_o

沙織さんのドラムプレイは、とってもいい!と実感します。
ビートルズを叩くときの彼女とジャズ系をプレイするときの彼女がもつ才能のコントラストが心地よく。

本当に、元気で、メンバーの結束を感じさせるバンドでした。

またきっとお会いできることでしょう。
次のライブの成功を陰ながら祈りつつ。

Thank You Four Sale!!!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]