ジョンとポールのハーモニーが躍動する初期作品 There’s A Place(ゼアズ・ア・プレイス)

twist-and-shout-theres-a-place-single-us
ビートルズのデビューアルバム『Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)』のB面6曲目に収録されたナンバーが、『There’s A Place(ゼアズ・ア・プレイス)』です。
マッカートニー=レノンによる作品ですが、ビートルズ・ナンバーの中にあっては、あまり話題になることも多くないナンバーかと思います。
楽曲として、まず私が印象的に思うのは、ジョンとポールのハーモニーが、非常に生き生きとしているなー!という点です。
続きを読む →