失意を歌うもビートに乗ったエネルギーを感じさせるナンバー Misery(ミズリー)

beatles-anna-chains-misery-ep
ビートルズのデビュー・アルバムとなったプリーズ・プリーズ・ミー・アルバムの2曲目に収録されたのが『Misery(ミズリー)』です。
思いっきり直訳すれば、みじめだー!という感じでしょうか。
このナンバーは、「マッカートニー・レノン」の共作としてクレジットされています。
二人の共作は、通常「レノン・マッカートニー」でお馴染みかと思いますが、デビュー当時は、逆に表記されていました。

ミズリーというナンバーは、彼女が去って行ってしまった悲しみを歌ったもので、冒頭からこんな言葉が出てきます。

The world is treating me bad, misery

世の中は、ぼくに何て冷たいんだろう
みじめだよ

もともとこのミズリーは、イギリスの女性シンガー、ヘレン・シャピロに提供するために作ったものだそうですが、ヘレン・シャピロ側から「歌詞が暗すぎる」という理由で返されてしまったとのこと。
それをビートルズ自らが、デビューアルバムに入れ込んできたということですね。

たしかに、詩の世界は暗い。
しかし、初期のビートルズの大きな特徴として、ビートとハーモニーに、ものすごい勢いとエネルギーがあるので、とても気持ちよく聴くことができます。
ジョンとポールが一緒に歌っている場面も多く、今後二人が最強のボーカルユニットになる可能性を発露したものだと言ってもいいと思います。

時々表れる印象的なピアノは、ジョージ・マーティンのプレイによるものです。
改めて聴き直してみても、この時期のジョンのボーカルには、本当にパワーがありますね。
そこにポールの声が、非常にフィットしていて、ビートルズ・ワールドを展開してくれています。

この後、次々に大ヒットを放っていくビートルズですが、こういったネガティブな歌詞であってもご機嫌に聴かせてしまうという才能が、既に芽を出していた。
そんな作品だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]