ジョンとポール 空想性と写実性 Strawberry Fields Forever & Penny Lane

Strawberryfieldgate
ビートルズの数ある名曲の中にあって、特にイマジネーションをかき立てられるナンバーが、Strawberry Fields Forever。

リバプールの郊外には、実際に戦争孤児院としてStrawberry Field(こちらは’S’がつきません)が実在しましたが、おそらくジョンはこのナンバーを書き上げるにあたり、自らのイマジネーションの世界に浮遊していたのではないか?と、私は想像しています。

このナンバーは、その旋律、アレンジも印象的だし、特に詩における独創性が群を抜いています。
まさしく言霊とでも表現したいほどに。

一方、このStrawberry Fields Foreverと対をなす作品があります。
ポールが写実的に描いたPenny Lane。

この両曲は、両A面としてシングルカットもされています。

Strawberry Fields Foreverが、恐ろしくなるほどに内向的かつ空想的であるのに対し、Penny Laneは、実在の通りの姿を見たままに、あるいは開放的に描いているところが印象的です。

ある意味、まったく相反するスタンスにより完成された対をなす2曲がカップリングすることにより、見事なハーモニーを奏でているように思えます。

ジョンとポールを語る上で、貴重な一枚ではないでしょうか。

今となったからこそ言えることですが、この2曲が内包する核のようなものが、以降におけるジョンとポールの人生を反映しているようにも感じるから不思議です。

ジョンとポール。
この2人の天才がもつ拠り所を知るためのヒントにもなりそうなナンバー。

永遠に語り、歌いつがれていく名作だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]